おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
おすすめ情報

教養というとある程度高度な知識を身に付けるというイメージですし、有名大学などを卒業したインテリジェントや上流階級の人たちのものという感じがすることは確かでしょう。
そうなると、教養ブックは、ある程度レベルが高く、書斎でじっくり読むようなものと結びついてしまいます。
それ自体も無意味なことではないのですが、難しい本を読破し、それなりに自分のものとすることができても、それが単に知識として頭に中に残っているだけでは、自己満足の役には立ちますし、懇親会などで何かの話題の際に提供すれば、周囲から褒められたり、尊敬のまなざしで見られたりしますが、そこが限度になります。
それから一歩出て、実生活やビジネスの実践で活かせなければ、意味は少ないのです。
そのためには、頭の中に入ったことを、身近なことで応用することが一番です。どんな小さなことでも、その知識を行動や実践活動に活かしてみることです。
そうすると、その知識が磨かれ、深耕されますので、活かすことができるというわけです。

教養ブックと実践の関係