教養ブックポータルサイト

教養ブックポータルサイト
教養ブックポータルサイト

「日本人ははっきりモノを言わない」「yes/noがあいまいだ」、欧米人の日本人への批評でよく耳にした言葉です。
日本人に比べて欧米人ははっきりモノを言うので、留学や海外移住をされた方々がまず戸惑うのは、コミュニケーションだと言います。
高度経済成長期からバブル時代まで、日本人のあいまいな態度は批判の的でした。
しかし、今、日本人の美徳とされていることに「一を聞いて十を知る」「以心伝心のコミュニケーション」があります。
国際社会で高い評価を得るようになった日本人の細やかな気配りは、今や批判の的ではありません。
そのような日本人ならでは心の持ち方を学ぶのに最適な教養ブックが、「こころの処方箋」(河合隼雄)」です。
他人を悪く言うつもりなどない、けれど、他人に不快な思いをさせてしまった、なぜそんなことがおこるのか。それはやはり自分の心の持ち方のせいなのです。他人への配慮を欠いた結果なのです。
わかりやすい具体例とともに説明されているため、実生活の中で大いに役立つことでしょう。

教養ブック「こころの処方箋」